新着情報

大阪港開港150年記念事業のための寄附を募集します

大阪市

大阪市では、市民の皆様に親しまれる大阪港の振興のために「ふるさと寄附金」の募集を行っています。大阪市は、1868年(慶応4年)7月15日に開港以来、2017年(平成29年)に開港150年を迎えます。そこで、この記念すべき輝かしい年を市民の皆様とともに祝福し、今後の大阪港の港勢伸長の契機とするために、大阪港振興関係の中から大阪港開港150年記念事業に「ふるさと寄附金」を役立てたいと考えています。
お寄せいただきました「ふるさと寄附金」は、2017年に実施される様々な記念事業のために活用させていただきます。大阪港開港150年記念事業におきましては、「大阪港開港150年記念式典」「アジア諸港意見交換会」「記念シンポジウム」などの公式行事のほか、「練習船等の一般公開」「TASUKI~往来の港へ~(天保山まつり)」など、様々なイベントの実施を予定しています。

税制上の優遇措置
寄附金額にあわせて、一定の限度まで、現在お住いの自治体の住民税の減額など税制上の優遇を受けることができます。税制上の優遇を受けるためには確定申告が必要です。大阪市よりお送りする受領書は確定申告に必要ですので、大切に保管してください。

特典
個人で1万円以上の寄附をいただいた方には、次の特典があります。

  • ・1万円以上で「大阪市立ミュージアム御招待証」
    (大阪市の美術館や博物館など7か所のミュージアムに入場できます)
  • ・10万円以上で市長感謝状を贈呈(法人の場合も対象です)
  • ・100万円以上で記念品を贈呈

  • 申込方法

    右記添付資料をご確認下さい。→ふるさと寄附金チラシ